スウェディッシュ・ロックの新世紀


またしてもサッカーと関連の無い企画。
最近、ロックが熱いスウェーデン。
スウェーデンのミュージックシーンといえば、
カーディガンズやクラウドベリージャムといった
いわゆる「スウェディッシュポップ」を連想されるかもしれませんが、
今は「スウェーデン発ロック」が熱い。
ということで、今回はスウェディッシュ・ロック特集!

artist recomended

MANDO DIAO

レトロでありながら、コア。
それでいてキャッチーなMANDO DIAO。
アルバム「bring em in」で一躍脚光を浴びた期待のニューカマー。
傍若無人で、向こう見ずな田舎者が
スウェーデンロック新世紀の中心にいる。
2003年サマーソニック出演も決定。
加速度的に勢いを増す彼等から目が離せない。

UNOFFICIAL FANSITE "MR.MOON"
hives.jpg
THE HIVES

スウェーデンの小さな工業都市ファゲルスタで結成されたバンド。
バワフルで凄みを見せるガレージロック。
混沌としたその音楽からは底知れないエネルギーが発散され続ける。

スウェーデン国内のグラミー賞を総ナメにし、
アルバム「your new favorite band」で
全英でも大きな注目を集めるに至った。
sahara.jpg
sahara hotnights

なんでスウェーデン出身で「サハラ」で「Hot nights」なんだろう。
っていうか、よく知りません。ごめんなさい。
ガレージっぽいね。
wannadies.jpg
THE WANNADIES

やっぱスウェディッシュロックの先駆けって言えばWANNADEISでしょ。
そういえば最近何しているんだろう。。。
ポップとパンクとが幾何学的に交錯。
ギターポップ好きにはたまらないバンドでしたが。。。さて。


ついでに、
元クラウドベリージャムのヴォーカル、ジョニー・メディンも
2003年4月、ソロとして活動再開しています。
こちらも注目ですね。