2003-2004シーズン大展望

AJAX Amsterdam

帰ってきた我らがアヤックス。
昨シーズンは、若きドリームチームがヨーロッパの舞台で大暴れ。
財政難にあえぐアヤックスは
移籍マーケットで戦力の大量流出によるチーム崩壊を懸念された。
しかし、結果として損失は「最小限」に食いとめられた、と評価できる。
何より、エースのファンデルファールトが残留したことが最大の朗報である。

逆に、チームの主柱であり、魂でもあったキヴがASローマへ。
最大の飛び道具だったウイングのファンデルメイデはインテルへ。
新天地での飛躍を目指してチームを離れた。
大きな打撃だったものの、その穴を埋めるべく
フロントは的確な戦力補強を敢行。
再び、欧州の舞台に立つための準備は整った。


GK
Sander Boschker
184cm/84kg  FC twente →AJAX
昨シーズン序盤。最大の泣き所となったGKの怪我人続出。
今シーズンはロボンド、ステケレンブルグのサポートに、
トウェンテから実力派ベテランGKを補強。
DF
Julien Escude
184cm/76kg  Stade Rennes →AJAX
キヴの抜けた大きすぎる穴を埋めるべく、
レンヌから獲得した元フランスU-21代表センターバック。
偉大過ぎたキヴの存在を超えることができるか。
DF
Zdenek Grygera
184cm/79kg sparta prague →AJAX
もうひとり、アヤックスにやってきたDF。
チェコ代表。サイドバックもこなす万能型。
ユベントスやドルトムントとの獲得合戦に勝利し、待望の新加入。
FW
Wesley Sonck
174cm/74kg  GENK →AJAX
日本でもお馴染み、ベルギー代表・ゲンクのストライカー。
ミドが抜けてズラタンひとりとなったセンターFWの補強。
ズラタン・ソンクのツートップという布陣も考えられる。


システム:オーソドックス

ワンベルト

ズラタン

ピーナール

Vdファールト

ガラセク

スネイデル

オブライエン

パサネン

エスキュデ

デヨング

昨年同様の4−3−3システム。
ワントップでズラタン、もしくはソンクが控える。
ファンデルメイデが抜け、
左ウイングがシコラ、ワンベルトくらいで
やや駒不足の感は否めない。


システム:ツートップ
ソンク

ズラタン


Vdファールト

ピーナール

ガラセク

スネイデル

オブライエン

パサネン

エスキュデ

デヨング

ストライカー・ソンクの加入によって、
ツートップという選択肢が生まれたアヤックス。
昨季もミドとズラタンという
暴君ツートップがそれなりに機能した実績を持ち、
どのような攻撃が展開されるか注目される。


システム:ブリッジ

Vdファールト

ズラタン

マクスウェル

スネイデル

ピーナール

ガラセク

オブライエン

パサネン

エスキュデ

デヨング

アムステルダム・トーナメントの
インテル戦で採用した新システム。
4−1−3−2で、
中盤とDFラインの間にガラセクが入り、
好守のつなぎ目(ブリッジ)となる。
的確にインテルの攻撃を摘み取ったこのシステムが
チャンピオンズリーグなどをにらんで、
その真価を発揮するかもしれない。



PSV eindhoven

アヤックスの手から
いつのまにかエールディビジ優勝をかっさらってしまったPSV。
アヤックス同様、主力選手の大幅流出が懸念されたが、
気がついてみればケジュマンをはじめとする主力はほとんど残留。
そういった意味ではアヤックスよりも戦力ダウンは少なく、
今シーズンも優勝候補と考えて間違いなさそうである。



Feyenoord

このオフ、最も衝撃的だったのが3強の一角、フェイエ。
チームの攻撃を一人で支えてきたファンホーイドンクと
チームの顔であるボスフェルトという2枚看板が相次いで移籍。
危機的な戦力ダウンは否めず、
オランダ3強時代の終焉が訪れたことを確信するものも多い。
このまま弱小チームに呑まれてしまうのか。
それともファンペルジや小野ら残存戦力が奮起するのか。
大きな正念場に立たされていることは間違いない。



Utlecht

アムステルカップを勝ち取ったユトレヒト。
しかし、深刻な経営難のため、主力のほとんどがチームを離れた。
カイト、グルセヴィッチなどを失い、チームは深刻な打撃を受けている。
そこにやってきたのは日本人、藤田俊哉。
果たしてユトレヒトの中盤にどのようなアクセントを加えることが出来るのか。

MF
藤田 俊哉
174m/64kg  ジュビロ磐田 →Utlecht
ようやく念願の海外移籍を手に入れた30歳。
果たしてオランダで一花咲かせることが出来るか。