FIFA World Cup 6/07(Fri)
sweden 2 - 1 nigeria

得点経過

ラーション
ラーション
前半27分
前半35分
後半18分
アガホワ



2得点をあげ、エースであることを証明したFWラーション。
やりました!!!
神戸でのナイジェリア戦を2−1で勝利し、勝ち点を4に伸ばし、
総得点数でイングランドを上回り、F組トップに立ちました。

酷暑のなか、暑さ対策で不安視されたものの
なんとか一点のリードを護りました。

ゴールを決めたのはいずれもラーション。
リーグ年間35ゴールはダテじゃないですね。
前半、リュングベリからのボールを受けて、
ワンタッチ、前に抜け出ると
迫り来る二人のDFの間を縫うように突破。
右足の必殺トーキック。
後半もきっちりPKを決め、エースの存在感を見せ付けました。

守備もパトリック・アンデションは出場しませんでしたが、
ミャルビーをはじめ、集中を保ちましたね。
団結力、組織力で郡を抜いています。

今日もズラタンは出場しませんでした。
秘密兵器(苦)?
う〜〜ん、早くみたい。


しかし、イングランドがアルゼンチンを破ったため、
F組は大混戦。
できればアルゼンチンにボロ勝ちしてもらって、
二位抜けでいきたかったのですが、そうもいきませんでした。
これでナイジェリア戦を残すイングランドが優位に立ちました。
逆に追い詰められたアルゼンチンは次のスウェーデン戦に
全力でぶつかることになりそうですね。。。

予選を突破するためには、
スウェーデンは勝ちか引き分けで、文句無し突破。
負けた場合、アルゼンチンが勝ち点を6に伸ばし、
あとはイングランド戦いかんになります。
その場合、イングランドの勝ちか引き分けで敗退が決まります。
イングランドも負けた場合、得失点差の勝負になります。

スウェーデンとしては、
次の試合で勝ち点をあげることが目標ですね。
しっかり守備を固めて、カウンターで勝負ですね。
勝利に沸くスウェーデン代表。中央が2得点のラーション。