EURO2004
sweden 0 - 0 holland



オランダと迎えた準々決勝。
スウェーデンはエドマンを出場停止、
さらにルチッチを怪我で欠いたため、
本来中盤でありながら右を守っていたニルソンを左に、
そして代表初キャップとなるオストルンドを右に起用した。
オランダの飛車角、
ファンデルメイデとロッベンとのマッチアップに注目が集まる。

オランダはボールを支配し、
ロッベンのサイド攻撃にチャンスを見出すも、
イサクションを中心に鉄壁の守備を見せるスウェーデン。
スウェーデンはヨンソンの突破から
スヴェンソンがゴールを狙うもブロックされる。
じりじりした前半は0−0で幕を閉じ、後半へ。

56分、右サイドのクロスからチャンスを迎えたのはスウェーデン。
スタムのクリアミスをズラタンが至近距離、
ボレーで叩くも、ゴールラインのわずかに手前、
間一髪コクーがクリア。
スウェーデンは左サイドに入ったニルソンが
ファンデルメイデにまったく仕事をさせず完封。
右のオストルンドも献身的にそして激しくロッベンに立ち向かう。
深めのDFラインは裏を取られることも無く、
高い集中と適切なカバーリングでチャンスを防いでいく。
終盤、押し寄せたオランダの猛攻も凌いで、試合は延長戦へ。




延長戦。ペースをつかんだのはオランダ。
ロッベンの強烈なシュートをイサクションが後逸、
意思を持ったように跳ねたボールはポストにはじかれる。
さらに、狙いすましたセードルフのシュートも
イサクションが好セーブ。
消耗するズラタンは後半以降運動量が極端に落ち、
スタムやボウマを相手に攻撃の糸口を見出せない。

後半も攻勢のオランダ、
必死に守るスウェーデンはカウンターに全てをかける。
ゴール前、ラーションのボレーはクロスバーを叩く。
フリーになったリュングベリのシュートは
ゴールポストにはじかれる。
今にも手が届きそうなゴール。
しかし、120分間。
この緊張から解き放たれる瞬間は訪れなかった。
PK戦。

両チーム2本づつ決めて迎えたスウェーデン3人目。
ズラタン。
思いを込めて、
力を込めて、
放ったシュートは
歓喜に沸くオランダサポーターの待つバックスタンドへ。



リュングベリのPK成功、コクーのPK失敗で
一度は幸運を手繰り寄せたように見えたスウェーデンだが、
サドンデス1人目でメルベリが外し、
オランダはロッベンが成功。
この瞬間、スウェーデンのユーロは幕を閉じた。

歓喜の輪を目の前にするスウェーデン代表。
そして、期待に応えることのできなかったズラタン。
芽生えた新しい力、高い成熟度、豊かなタレント、
さまざまな収穫と屈辱を胸に、
スウェーデン代表はポルトガルをあとにする。