EURO2004
sweden 5 - 0 bulgaria



ついに開幕したEURO2004。
スウェーデンは緒戦、ブルガリアと対戦。
相性のいいブルガリアとの緒戦を迎えたが、
スウェーデンはEUROでは目立った成績を残せておらず、
なおかつ、緒戦に弱いというジンクスを持っている。
しかし、そんなジンクスを忘れさせるような試合を展開した。

五分の展開で迎えた前半32分。
アンデシュのパスから右サイド、疾走するのはズラタン。
右サイドを鋭くえぐったズラタンが
グラウンダーのセンタリング。
これを飛び込んできたリュングベリが押し込んで先制!
前半を1−0とリードで折り返す。

ここから、スウェーデンのフェスタがはじまる。
ラーション、アンデシュ、リュングベリ、ウィルヘムションが
次々にブルガリアゴールに急襲。
追加点は56分。
エドマンのピンポイントクロスに
飛び込んだのはラーション。
豪快なダイビングヘッドを決め、ブルガリアを沈黙させる。
さらにラーションはその1分後。
アンデシュのクロスから、ファーサイド。
難しい角度ながら鋭いシュートを叩きこむ。




そして、リュングベリが倒されて得たPK。
ハットトリックの好機を迎えたラーションだったが、
このPKをあえてズラタンに譲る。
ズラタンはこのPKを沈め、EURO初ゴール!!

まだまだ終わらない。
最後に途中出場のアルベックが決め、
この試合を締めくくった。
終わってみれば5−0。
拮抗した展開になると予想された一戦、
蓋を開けてみればスウェーデンの攻撃陣が
好調さを見せ付けた試合となった。


次の試合はイタリア戦。
堅守をどのように崩していくのか。
はたして・・・。