FIFA World Cup 6/12(Wed)
sweden 1 - 1 argentina

得点経過
アンデシュ・スベンソン

後半14分
後半43分

エルナン・クレスポ



まさか、こんな素晴らしい結果が待ちうけていようとは!!

勝ちか引き分けで予選グループを突破するスウェーデン。
しかし、その対戦相手は優勝候補・アルゼンチン。
負ければあとがないアルゼンチンを前に、
苦戦は必至と予想されました。
さらに、守備の要パトリック・アンデションと、
攻撃の核となるリュングベリを負傷で欠く苦しい布陣です。

予想通り、圧倒的にボールを支配するアルゼンチン。
防戦一方になるスウェーデンは、守備陣の高さを武器に、
アルゼンチンの攻撃をしのぎ、前半終了の笛を迎えました。

引き分けでも予選リーグ突破のスウェーデン、
FWアルベックに替えてアンドレアス・アンデションを投入。
スピードと運動量に勝るアンドレアスを
前線に投入したスウェーデン。
今日もズラタンの出番は無しか・・・。



後半、どうしても得点の欲しいアルゼンチンは
バティに替えてクレスポを投入。
しかし、その直後、FKのチャンス。
アンデシュ・スベンソンのシュートが鋭くネットに突き刺さります。
貴重な先制点は、
スウェーデンを勇気づけるファインゴールでした。
ピッチに滑り込む瞬間にちらりとおへそが見えました。

ますます前がかりになるアルゼンチンは、
さらにベロンとキリ・ゴンザレスを投入。
超攻撃的な布陣で勝負に出ました。
もちろん、アルゼンチンのビエルサ監督は
その間もベンチの周りを行ったり来たり。

攻勢のアルゼンチンも、
スウェーデンの堅い守備の前に得点を奪えず、
試合も終盤を迎えました。
しかし、転んでもタダではおきないアルゼンチン。
オルテガがダイブ臭いのですがPKを獲得します。
PKを失敗するもクレスポのフォローで同点。
にわかに活気付くアルゼンチン。。。

しかし、スウェーデンはここで、切り札投入。
エースのラーションに替えて
ワールドカップ初登場!ズラタンを投入します。
高さで勝負できる選手を投入することと、
時間つぶしのためでしょうか。
そのズラタンも短い出場時間、シュートを打つことなく、
タイムアップの笛を聞きました。
記念すべきワールドカップ初出場のゲームで、
母国の決勝トーナメント進出が決定しました。

誰もが予想しなかった結果ですが、
これはスウェーデンの組織力が
他の強豪国の個人技に勝利した結果でもあります。
この快進撃はどこまで続くのでしょう!!!