AMSTEL CUP FINAL 5/12(Sun)
AJAX 3v - 2 Utrecht

得点経過
ミド


ワンベルト
ズラタン
前半21分
後半10分
後半32分
後半44分
延前03分

グルセヴィッチ
グルセヴィッチ





リーグ優勝を一足先に決めたアヤックス。
4年ぶりの2冠を目指し、アムステルカップ決勝に挑みました。

ズラタンはスタメンから外れ、ツートップはミドとマクラス。
しかし、序盤から、安定した試合運びを見せるアヤックス。
前半、ミドのゴールで先制します。
その後もユトレヒトを寄せ付けずに前半終了。

しかし、後半。
ロイハの投入などで流れをつかんだユトレヒトは
グルセヴィッチが相手の隙につけこみ同点弾を叩きこみます。
お尻に火がついたアヤックスは、
ボランチのファンハルストをベンチに退けます。
その直後、ゴール前でユトレヒトがPKを奪取。
再びグルセヴィッチが沈め、逆転。
流れは完全にユトレヒトへと動いていました。

その直後、再びクーマン監督が動きます。
サイドバックのオブライエンに代えて登場したのはズラタン。
後半33分、最後の3枚目のカードとして切ってきたのは、
故障明けのエースファンデルハールトではなく、ズラタンでした。

一点を追うアヤックスはパワープレーを展開。
ズラタンの高いヘッドをめがけてボールを何度も放りこみます。
その思いに応えるように、ボールを追い、キープ、展開していくズラタン。
そして、チャンスは巡ってきました。
ファンデルメイデのシュートが失敗して流れたボールに
コンパクトにボレーで合わせます。
しかし、ボールは無情にもクロスバーを叩きます。

それでも諦めないアヤックスは、ついにロスタイム、
ゴール前、逆サイドに流れてきたシュートにワンベルトが飛び込みます。
オフサイドの疑惑が残るゴールでしたが、同点とし、延長戦に突入します。




ゴールデンゴール方式の延長戦、流れは完全にアヤックス。
再びズラタンへ放りこむボールで勝負に出ます。
会場に雰囲気を落ちつかせる余裕も与えない延長前半3分、
ズラタンがゴール前でDFと激しく競り合います。
次の瞬間、こぼれたボールを支配するため、ズラタンは体で相手をブロック。
そのまま、鋭くボレーで振りぬいた左足、一閃。
大歓声が沸きあがった直後、
青い背番号9のユニフォームを脱いで喜びを爆発させたズラタン。
・・・ゴールデンゴール!!
アムステルカップ決勝、最後に勝負を決めたのはズラタンでした。
次第に広がる歓喜の輪。その中心にズラタンがいました。

スペクタルなゲームに終止符を打ち、
オランダで最後となるかもしれない試合を最高の形で締めくくりました。